A邸(福岡市南区)


竣工まで足掛け3年という長い歳月をかけてできたこちらの住宅は、
日本医療界において慧眼の士といわれる、九大医学研究院教授のお宅。
最高といわれるのは医学の世界だけでなく、こだわりの極みがここにあります。
そのほんの一部を紹介します。(オーディオルームは未完成のため掲載できません)





                

内装木部は、全て自然塗料を使用しています。匂いもなく人体にやさしいものです。(オスモ社)
階段の横にある照明器具(右写真)。ガラスは100年前のエミール・ガレの作品で、教授の秘蔵品。
ブナの台座を取り付けて照明器具にしたもので、こだわりの逸品です。











こちらの窓から隣接する公園の桜やセコイヤを眺めることができるなど、ロケーションも最高です。
ダイニングテーブルの照明(スノーボールルイスポールセン社)の光が、素敵な空間を演出してくれます。
内装は、ベンジャミンム―ア―の塗料を使用しています。やわらかく自然の風合いを感じることができます。








キッチンはMOBALPA(フランス製)。奥様がフランスのショールームで選ばれたものです。
さすがにフランス製。細かいところがとてもお洒落で、タイルもそれに合わせてみました。











2Fホールから3Fアティクが見えるようになっています。
開放感たっぷりで、3Fの天井窓から日差しが注ぎ込みます。
(3F天井材はレッドシダー、塗料はオスモ社)











子供部屋の内装材は、Farrow&Ballを使用しています
匂いもなく、柔らかい質感で色合いも最高です。
(お値段も)



Farrow&Ball:英国御用達の最高級水性塗料です。
ロンドン塔やウインザー城の修理にも使用されおり、
黄土などの天然顔料を使用した、エコロジーなものです。












Copyright(c)2000 inoueinterior room All Rights reserved.